2019年07月19日

共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物があふれていたらやめたほうがいいかも

ミケです。

物件選びのチェックポイントとして、「共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない」ことも加えてみるといいと思います。

よくあるのが、角部屋(アパート・マンション問わず)に住むお年寄りが、廊下に10個以上もあふれんばかりに植木鉢やプランターを並べている物件です。
本人は「人がほとんど通らないんだから置いたっていいじゃない」と、心の求めるままに植木鉢や置物を増やし、満足気です。
しかし、火災や要救助者を搬送する必要が出たときに、これらの植木鉢が通行を邪魔します。

植木鉢以外にも、引き出しタンスや物干し台を廊下に置いてしまっている住人もいるみたいです。

以前ニュースで見かけましたが、失火で火事が起きた時に、廊下が住民の洗濯物や私物であふれてうまく通れず、逃げ遅れて死者が出たというものもありました。
また、専用ベランダに干しきれない洗濯物を共用廊下に干していたことで、火災時に引火して延焼がひどくなったこともあるようです。
他の住人は、洗濯物の隙間をかき分けて通らなければならないわけですから、当然クレームにもなります。

普段は「ちょっと邪魔」程度の迷惑でも、非常事態では「人の命を奪う」行為になります。

大規模なマンションなどでは定期的に消火設備の点検などがあり、すぐにどかせないサイズや量の植木鉢や私物が見つかると、消防署からの指導もあり住民に撤去するよう注意が行くようです。

小さいアパートだと、消防署からの指導があっても放置されている物件が多いなと感じます。

いざという時に救急車や消防車の作業の邪魔になっているような物件は、安心して住めるでしょうか?

お部屋探しの際には、「廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない、共用廊下で洗濯ものを干していない」ことを念入りにチェックすることをおすすめします。
たいてい、廊下をふさいで平気な住民は、騒音やその他の迷惑行為をするリスクも高いので、避けた方が無難です。

posted by ミケ at 14:57| 不動産

2019年07月12日

不審者・不良少年に対する管理会社の対応に期待

ミケです。

街中を歩いていると、アパートやマンションの管理会社によって、部外者の敷地内たむろへの対応に差があるなと感じます。

抜群の安定感(廊下での座り込みや喫煙などが一切ない)を見せるアパートは、
「部外者の立ち入り禁止。
見かけたらすぐに警察に通報します」

という掲示が入り口に大きく出ています。
これを見たら、「やばい」と警戒してたむろする場所には選ばないでしょう。

逆に、明らかに未成年のグループがたむろしているアパートは、道路遊び(路上サッカー)など幼少期からの迷惑行為も「子供はのびのびと」などと言いながら放置していたところが多いです。
苦情が出ても、「叱らない子育て」なのか「育児放棄」なのか保護者は、子供が騒ぐままにしていました。
管理会社も軽い注意程度で、うすうす道路遊びが続いていることには気づいていても真剣には対処していなかったようです。

幼少期に「近所迷惑な行為はしない」という教育を受けなかった子供が、中高生になって不良行為(喫煙、座り込んで騒ぐたむろ、お弁当のゴミを道路に捨てる)などをするようになっています。

きちんと幼少期に善悪を教えられてこなかったので、「自分が迷惑行為(道路交通法違反、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反)」をしていることを理解していない場合もあります。
違反レベルによっては、補導は十分にあり得る内容です。

これから夏休みを迎えると、「不良デビュー」してしまう青少年も多いみたいです。

中高生が矯正できる最後のチャンスだと思います。
ここで気づけなかったら、大人になって本格的に犯罪者への道を進んでしまうかもしれません。

明らかに外から見える場所での未成年の喫煙や、環境基準を超えるような大騒ぎを見かけたら、愛を持って各所に通報していきたいと思っています。
一度補導されて、軽くお説教してもらうのもいい勉強かもしれません。
直接注意は身の危険を伴うので、もうおしまいです。

できれば、管理会社のほうで先に警告を出してもらえることを期待します。

posted by ミケ at 09:44| 近所迷惑

2019年07月10日

布団たたきはほどほどに

こんにちは。ミケです。

今の時代、敷布団を干した後に叩きすぎるのはNGだというのは広く知られつつありますが、団塊以上の世代は布団叩くの好きですよね。
40代以下で激しく布団叩く家庭は、ほとんど見かけません。

布団を叩きすぎると、布団の繊維が傷んでふんわりしなくなる、ダニの死骸などが出てきてかえってアレルギーを出しやすくなるなどと言われています。

ご近所でも布団叩きが大好きな老世帯がいくつかあって、布団を取り入れる前に100回近く叩いています。
これが結構やかましい。

1枚当たり10回ぐらいなら「布団干したのか。今日も天気よかったな」ぐらいにしか思いませんが、100回も叩かれると電話やテレビもかき消されイラっとします。

道路族ではないけれど、布団叩きでストレス解消でもしている?
お年寄りは耳が遠い人も多いので、騒音になっていることに気付かない?

以前、本当に認知症になってしまったおじいさんが30分近く布団を叩き続けていたことがありました。
これがきっかけで、このおじいさんの認知症はご近所に知れ渡りました。
布団を必要以上に叩くお年寄りは、認知力や判断力が下がっているのかもしれないですね。


長時間の布団たたきはそれなりに騒音になってますので、布団叩きの回数はほどほどに。
posted by ミケ at 00:00| 近所迷惑