2018年03月21日

道路族の子供と自分の子供とは関わらせるか?

こんにちは。ミケです。

コメントで「道路族の子供と自分の子供とは関わらせるか否か?」という質問がありましたので、考えてみました。

私個人的には、「否!」ですが、道路族被害者の方々それぞれの近所づきあいや社会性などにもかかわる部分なので、どうするのかが正解かというのはケースバイケースかと思います。

我が家周辺は比較的商業地域にアクセスが良い住宅地で、田舎か都会かと聞かれれば「都会」に近いです。自治会や地域での活動は活発ではありません。ご近所の方々ともすれ違えば挨拶はしますし、ちょっとした道路掃除や雪かきなども協力しますが、個人的なお付き合い(帰省のお土産交換や大事な用事が無いのに立ち話など)はしないようにしています。ご近所で派閥や噂話などでいざこざが発生すると大変なので(持ち家では引越も大変です)、これくらいの距離感が好ましいと考えています。

深入りしすぎないお付き合いをしている結果、ご近所の子供たちと我が家の子供は交流していません。まともな家の子供たちは、道路では遊ばせないので、親同伴ででかけていたり習い事などが忙しかったりであまり会う機会自体がないせいかもしれません。

全く同学年の子が居なかったというのもありますが、非常識な保護者とは関わり合いになりたくありませんので、今後もこちらから交流することはないでしょう。道路族の子供も「道路で遊んでいると怒ってくる怖いおばちゃんの子」だと認識しているでしょうから、あえて近づいてはきません。また、道路族の子供たちは賃貸住まいであることがほとんどで、数年単位で引越により立ち去ることが多く(転出する道路族あれば転入する道路族もあります)、賃貸の子供たちと持ち家の子供たちは、自然と交友関係も住み分けがされている感じです。

このように、私自身が「うるさいおばちゃん」と思われているが故に、悪い遊びをしたがる子供は寄ってこず、保護者達も「あの家のそばでは騒いではいけない」とでも教育してくれているのか、何年間もの努力の結果、我が家の目の前だけは道路遊びは滅多に出ないようになりつつあります(出たらすぐに注意して追い払っています)。

もし、子供が道路族の子供と遊びたいと言ってきたらどうするか?もし学校や習い事などで同じ場で活動する「努力義務」が発生したら、その場では無視するのも感じが悪いので活動中だけは普通に接するのが良いでしょう。しかし、それ以外の「任意」の場面では「お付き合いしないよう」伝えると思います。

近所の一番質が悪い道路族の子たちは、よそのアパートへの不法侵入や備品の無断持ち出し、夜間たむろなど、「補導」などの対象になりそうな子もいます。そのようなときに同じ場にいれば、「共犯」とみなされてしまうリスクもあります。

道路族は将来的に不法行為に誘ってくる恐れがありますので、道路族児童と関わらずとも居られる「場所」や「仲間」をある程度親が誘導して安全確保するのも、自己防衛のためには必要な場合があるかもしれません。

posted by ミケ at 13:24| Comment(0) | 道路族