2017年10月10日

メンバーが入れ替わりながら新規道路族発生

春先のスケボー暴走族が落ち着いてから、しばらく袋小路の私道は多少の害虫駆除はあったものの、比較的平和な日々が続いていました。

スケボーメンバーは我が家から200メートルほど離れた道路に移動したようです。

しかし、夏休み前後に各アパートのメンバー入れ替え(引越)があったようで、また新しい道路族メンバーが発生しました。

だいたい小学校低学年から中学年ぐらいが最も発生率が高いような感じがしますが、中学生からでも立派にデビューを飾っています

そして、コアメンバーは一人か二人でも、自転車に乗る程度の遠方から友達を呼びよせ、数人で騒ぐようになるのももはやお約束です。

170センチ近い男子中学生が数人公道で座り込んで何時間もたむろしたり、夕方6時から集合して暗闇の公道でサッカーを始める小学生集団が居たりと、治安や交通安全の面で由々しき事態です

道路族の親たちは、きっとモラルの低いエリアから引っ越してきたんだろうなとがっかりします。

そして、先日とうとう私道に入り込んで騒いでいるのを確認したので、各方面に指導をお願いする予定です。

今までの私の中の判定基準では、「公道ならば継続性が低ければ見なかったことに、継続していたら指導依頼。私道ならば1回目は口頭で優しく注意、2回目以降は指導依頼。」でした。

しかし、ここ数年の経験から「公道で遊んだ子は、最終的に私道に入り込む」のがほぼ確実なことがわかったので、公道での道路遊びでも家が分かる子は各方面に早い段階で「相談」と「指導のお願い」という形で動くようにしたほうが良さそうに思います。

自治会のお年寄りたち、毎日井戸端会議で道路を見ているのだから、噂話に花を咲かせるだけでなく、道路遊びは止めるよう子供への「愛のある声かけ」でもしてくれたらいいのに…

posted by ミケ at 12:32| 道路族