2019年04月04日

高校生になっても道路遊び続行

こんにちは。ミケです。

近頃は我が家目の前の私道だけでなく、私道に続く公道でも道路遊びが激減したなと喜んでおりました。

あくまでも数年前と比較してですが、昔は「毎日」「2時間前後連続で」「叫びながら」「ボールを連続で蹴り当てる」といったカオスな放課後でした。道路の真ん中に座り込んだり、寝そべったりする女の子もいました。

ここ1年くらいは月に1-2回ぐらいボールの音がして「道路族が出たな」と気付くと20分以内程度で移動する(多分管理人さんや企業の人に注意されている)ので、「通報しなければ!!!」という事態には陥っていません。

これは数年経って、一番道路遊びがひどかった世代が中高生になったことも関連すると思います。
「受験」を意識した子供たち、小学校から「指導」を受けて道路遊びに懲りた子供たちや保護者が道路遊びから次々と足を洗っています(場所を変えただけかもしれないですが)。
ここ数年私を含め「道路遊びは危ない・迷惑」と声掛けをする人が出てきたため、新規道路族の発生を抑制できたことも有効だったと思います。

しかし、しぶとい男子達があと数人残っています

中学生になって夜9時以降の夜間道路遊び、高校生になっても道路でサッカーやスケボー練習、病的に道路遊びにはまってしまっている道路族は続けています。

私の生活圏に関わってくればしかるべき場所に通報し、かかわりが無いところは記録するにとどめる予定です。

高校生ともなれば刑事罰が適用される年齢ですので、目に余るようなら警察ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストレスを操るメンタル強化術 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)


posted by ミケ at 08:37| 道路族