2017年02月03日

よく通る道で道路族発生

kids_ball_asobi_car.png
自動車で時々走る道ですが、信号がある往復2車線の車道で激しいキャッチボールをする親子が発生してしまいました。バッド(下向き矢印)

信号の間隔が長く、通勤通学帰宅時間前は車の通りがやや少なめなので狙われたようです。恐らく現場そばに戸建てが袋小路を囲むように数軒分譲されたので、そのいずれかの家に引っ越してきたものと想像されます。

やはり夕方5時過ぎても明るいと、道路族が出てきてしまうのですね。信号が変わって自動車が来ているのに、道路のど真ん中で野球グローブを使ってのキャッチボールを止めません。あまりにもどかないのでクラクションを鳴らしましたが、信号のある車道で車が来てもどかないというのはまた図々しい父親もいたものです。クラクションを聞いてようやくしぶしぶ逆車線の車道へ移動しましたが(道路からどかない)、ボールは道路に転がしたままです。野球ボールでも車が踏んだらスピンして事故になるかもしれないというのに、全く迷惑です!

父親が主導の野球グローブを使ったキャッチボールは、本人がイクメンだと悦に入っている場合もあり、なかなかしぶといかもしれません。分譲住宅群は袋小路になっているのに、敢えて車道に出てきているということは、先に袋小路で始めて住民の誰かに苦情を言われたのかもしれません。ボール遊びしている至近距離に高級外車が停まっている駐車場があるんですが、弁償問題になったらどうするんでしょうね・・・

本当は袋小路の住民の中で止めさせる動きが出て欲しいところですが、交通事故危険度がとても高い案件なので、今度通ったときにもやっていたらまた小学校にお手紙の予定です。
posted by ミケ at 19:54| 道路族