2017年02月08日

道路遊びが夜型に

最近では放課後から夕方にかけては人目が多いこともあって近所の道路遊びは激減しているのですが、その反動なのか夜間(18時から21時過ぎ)の道路遊びが発生しています。

何故気付くのかと言えば、やはり叫び声です。スケボーを乗り回しながら叫ぶので、ベランダに出ると100メートル以上離れていても聞こえてきます。ちらっと見えたのは中高生くらいの数人の集団。おそらくメンバーの一部が近所に住んでいてたまり場になってしまっているのかもしれません。

毎晩ではないので今は頻度を記録しているにとどまりますが、放置しているといつの間にか便乗して小学生も遅い時間にスケボーをやりに道路に出てくることもあり、親は何をしているのかと嘆かわしく思います。警察を呼んでも逃げられたら面倒なので、人数が多いタイミングを見計らって110番か・・・中高生ならそんな時間は勉強しなくていいの?

我が家は少し離れていてもうるさいのだから、家の目の前を走られているお宅は相当うるさいはず。願わくば「コラーッ」と一声叱ってくれないものだろうか。
posted by ミケ at 20:58| 道路族