2017年02月19日

3回ルール

近所の公道での道路遊びも、毎日ではないにせよ散発的に3回以上見かけたら「継続性有り」とみなしてお手紙を送ることにしています。実際は準備して送るまでにも増えるので5回くらいは見かけていることになります。

近所の道路族少年、だいたい3ヶ月弱で喉元過ぎてしまうみたいで、公道での道路遊びが復活してしまいます。今の流行はサッカーとスケボーです。ただし、最近では30分を超える前に居なくなっているということは、誰か声かけをしてくれる仲間(私が勝手に思っているだけですが!)が出現しているのかもしれません。または、不動産業者からの退去勧告(迷惑行為の継続)にリーチがかかってきていて、親がしぶしぶ止め始めたのかもしれません。

公道での道路遊びの頻度が落ちたことは喜ばしいですが、年齢層が上がって声も低くなり身長が大人並みに育った男子(6年生以上か?)が複数含まれるようになったこと、活動時間帯が午後6時から9時台と遅くなり、このまま道路遊びグループが座り込んで喫煙などする不良グループにシフトしてしまうリスクが高いことから「迷惑である」「危険であるという声は静かに上げ続けたいと思っています。

どうやら、夜間になっても親が帰ってこない(場合によっては朝まで帰ってこない)家庭の子供達が、暇を持てあまして道路で騒いでいる可能性も高く、近所の少年以外の身元不明メンバーもネグレクトじゃないかと哀しい予想もしています。
posted by ミケ at 19:51| 道路族