2017年04月27日

密集住宅街での道路遊び(道路騒ぎ)撲滅へのアプローチを考えてみた

こんにちは。ミケです。

家の前での道路で激しいボール遊びをされたり、奇声で大騒ぎされたり、勝手に敷地内に入り込まれたりと、住宅密集地での毎日続く道路遊びが大きな近所迷惑なのであることは、ここ数年で認知度が上がってきたように感じます。

通行人や車が通ってもどかない、挨拶もしない、名前も知らない、物を壊せば逃げる、嘘をつく、子が注意されればヤクザのように逆ギレしてくる保護者・・・

道路遊びも程度問題だとは思いますが、ブログやSNSなどで被害を訴えている人は、多くの人がほほえましく考えている道路遊びとは全く違う次元の「道路騒ぎ」に悩まされているのだということが、少しずつ理解されつつある過渡期なのかもしれません。

小さな叫びかもしれないけれど、「直接注意する」「学校に相談・苦情を入れる」「賃貸なら管理会社に相談・苦情を入れる」「警察に通報して厳重指導してもらう」「ブログなどで被害を訴えて世論へ訴えかける」など、各被害者が自分でできる範囲ではたらきかけをしている成果は少しずつ出ていると信じたいです。

私はこの半年くらい、ブログで「道路遊び被害者(同志)」へ向けて「匿名でもいいから学校や管理会社などに道路遊びをやめる指導するよう求めよう」というメッセージを発信していました。同じようにブログやツイッターで発信する人も増えてきているように思います。

これからは、道路遊びを容認・黙認している層へ、道路遊びのデメリットを訴えていきたいと考えています。

「とんでもない非常識」な人の意識は変えられなくても、日和見しているグレーゾーン(強い方に流されるタイプ)を「道路遊びは良くない」という層へ取り込めれば、もう少し世論も動くのではないでしょうか。

たとえば、

不動産業者へ向けて「道路遊びを黙認していると物件が売れない」→購入前に道路族有無をチェックしている買い手が増えている

アパートオーナーへ向けて「駐車場や付近の道路で道路族がいると賃貸の部屋の借り手がつかない」→同じく、賃貸契約前に道路族有無をチェックしている借り手が増えている

子育てしている保護者へ向けて「道路遊びをしていると育ちが良い家の子から疎遠にされる」→自分の子も非常識と思われたくないから、非常識一家とは徐々にフェードアウトして遊ばせないようにしている家が多い

など、いろいろな角度から攻略を考えていきたいと思います。




posted by ミケ at 13:33| 道路族