2017年05月11日

換気扇から出るタバコの煙はご近所迷惑になっています

こんにちは。ミケです。

今日はたばこの煙の被害についてです。

ご近所にヘビースモーカー夫婦が住んでいるのですが、換気扇の下で喫煙しています。家庭内には煙が減って快適なのでしょうが、排気口に近い近隣10世帯ほどがこの排煙の被害を受けています

換気扇のパワーで拡散されるため、ゆっくり流れる煙と違って10メートルや20メートル先まで勢いよく煙が届きます。その煙が届くエリアにある家は、煙の通風ルートの窓が開けられません。家に勢いよく煙が入ってくるからです。やむなく一番風が通るはずの窓は締め切って、喫煙夫婦の家から離れた小窓で換気せざるをえなくなります。

自宅内で夫婦で朝晩各10本程度の喫煙の煙というだけでは違法性があるとまでは言えず、ご近所トラブルを考えると苦情も言いづらく、「マナーの悪さ」を嘆くことしかできません。

最近、この家の高校生の息子君が喫煙しているような気配があります。夫婦が出かけた直後に、朝晩以外の時間帯にもタバコの煙が出てくるようになりました。まぁ、もちろん、成人の知り合いに留守番を頼んでいて、その成人が吸っているのかもしれませんが(息子君の部屋で頻繁に)…少なくとも、未成年の喫煙は見えないところでして欲しいものですね。目に見えなければ気づかなかったことにできるけれど、見えてしまったらさすがに警察や高校に非行を通報することになりますから…

私の希望としては、換気扇下喫煙スタイルをやめて、空気清浄機の前で吸って極力外に煙を出さないようにしてほしいものです。直接言えないので、ブログでつぶやきます。

最近、煙が直撃するエリアの賃貸の一家が引っ越していきました。何か家庭の事情だったかもしれないけれど、煙の被害が最後のひと押ししたのではないかなと邪推してしまいます。



posted by ミケ at 21:01| 近所迷惑