2017年05月26日

井戸端会議が長かったり声が大きいのは近所迷惑です

こんにちは。ミケです。

今日は井戸端会議の騒音と名誉棄損の問題を書きたいと思います。

買い物や散歩などですれ違う時、顔見知りにあった時の10分程度の立ち話程度ならば、ご近所付き合いの潤滑油になり、立ち話も悪いものではありません。

しかし、住宅密集地の道路や駐車場、アパートなど共同住宅の共用廊下などで長時間や大きな声での立ち話は、近所迷惑になっています

特にお仕事を持たないお年寄り(特に女性)には、「誰かと話す」ことを目的に話し相手を探している人がいます。「暇つぶし」であったり「寂しさをまぎらわせたい」のであったり「ボケ防止」などの目的など、様々あるようです。

「迷惑だな」と思うのは、数メートル(場合によっては1メートル以内)先に人が住む部屋があるのに、道路や通路や駐車場などで30分や1時間といった長時間話し続けるケースです

「アパート通路や駐車場」であれば、公道ではありませんので問題ないと考えているのかもしれません。しかし、お年寄りになると耳が遠いせいでしょうか地声が大きい人も多く、窓を閉めていても話している内容が丸聞こえです。テレビや音楽を聴いていても大声でかき消されることもしばしばです。

また、長時間にわたる井戸端会議の場合、ご近所の噂話に発展することも多く、聞きたくもない悪口なども強制的に聞かされることになります。名前まで特定できる状態で悪口を言っているのは、名誉棄損にもなるのではないでしょうか?

また、お年寄りに多いのが持病自慢や介護の苦労自慢があります。病気や介護のグロテスクな話題などを延々と大声で語られた日には気分が悪くなり、「口害」を訴えたくなります。賃貸の部屋の真横の通路で話されれば逃げ場もありません。窓を開けて風を通している季節では、せっかく風の心地よい季節でも井戸端会議に悩まされて窓を閉めてエアコンをつけざるを得ない事態もあります。

たとえ井戸端会議の会場が私有地であったとしても、「音量」の問題と「聞くに堪えない内容」のものを聞かされる迷惑を考えて欲しいものです。

10分程度を超える立ち話をしたいのであれば、大きな声を出さないことと、自宅に招くなりカフェでお茶でもしながら語るなり、ご近所の平穏な生活を荒らさないように心がけましょう。
posted by ミケ at 16:19| 近所迷惑