2019年07月19日

共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物があふれていたらやめたほうがいいかも

ミケです。

物件選びのチェックポイントとして、「共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない」ことも加えてみるといいと思います。

よくあるのが、角部屋(アパート・マンション問わず)に住むお年寄りが、廊下に10個以上もあふれんばかりに植木鉢やプランターを並べている物件です。
本人は「人がほとんど通らないんだから置いたっていいじゃない」と、心の求めるままに植木鉢や置物を増やし、満足気です。
しかし、火災や要救助者を搬送する必要が出たときに、これらの植木鉢が通行を邪魔します。

植木鉢以外にも、引き出しタンスや物干し台を廊下に置いてしまっている住人もいるみたいです。

以前ニュースで見かけましたが、失火で火事が起きた時に、廊下が住民の洗濯物や私物であふれてうまく通れず、逃げ遅れて死者が出たというものもありました。
また、専用ベランダに干しきれない洗濯物を共用廊下に干していたことで、火災時に引火して延焼がひどくなったこともあるようです。
他の住人は、洗濯物の隙間をかき分けて通らなければならないわけですから、当然クレームにもなります。

普段は「ちょっと邪魔」程度の迷惑でも、非常事態では「人の命を奪う」行為になります。

大規模なマンションなどでは定期的に消火設備の点検などがあり、すぐにどかせないサイズや量の植木鉢や私物が見つかると、消防署からの指導もあり住民に撤去するよう注意が行くようです。

小さいアパートだと、消防署からの指導があっても放置されている物件が多いなと感じます。

いざという時に救急車や消防車の作業の邪魔になっているような物件は、安心して住めるでしょうか?

お部屋探しの際には、「廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない、共用廊下で洗濯ものを干していない」ことを念入りにチェックすることをおすすめします。
たいてい、廊下をふさいで平気な住民は、騒音やその他の迷惑行為をするリスクも高いので、避けた方が無難です。

posted by ミケ at 14:57| 不動産