2019年07月19日

共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物があふれていたらやめたほうがいいかも

ミケです。

物件選びのチェックポイントとして、「共用廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない」ことも加えてみるといいと思います。

よくあるのが、角部屋(アパート・マンション問わず)に住むお年寄りが、廊下に10個以上もあふれんばかりに植木鉢やプランターを並べている物件です。
本人は「人がほとんど通らないんだから置いたっていいじゃない」と、心の求めるままに植木鉢や置物を増やし、満足気です。
しかし、火災や要救助者を搬送する必要が出たときに、これらの植木鉢が通行を邪魔します。

植木鉢以外にも、引き出しタンスや物干し台を廊下に置いてしまっている住人もいるみたいです。

以前ニュースで見かけましたが、失火で火事が起きた時に、廊下が住民の洗濯物や私物であふれてうまく通れず、逃げ遅れて死者が出たというものもありました。
また、専用ベランダに干しきれない洗濯物を共用廊下に干していたことで、火災時に引火して延焼がひどくなったこともあるようです。
他の住人は、洗濯物の隙間をかき分けて通らなければならないわけですから、当然クレームにもなります。

普段は「ちょっと邪魔」程度の迷惑でも、非常事態では「人の命を奪う」行為になります。

大規模なマンションなどでは定期的に消火設備の点検などがあり、すぐにどかせないサイズや量の植木鉢や私物が見つかると、消防署からの指導もあり住民に撤去するよう注意が行くようです。

小さいアパートだと、消防署からの指導があっても放置されている物件が多いなと感じます。

いざという時に救急車や消防車の作業の邪魔になっているような物件は、安心して住めるでしょうか?

お部屋探しの際には、「廊下(避難経路)に植木鉢や私物が置かれていない、共用廊下で洗濯ものを干していない」ことを念入りにチェックすることをおすすめします。
たいてい、廊下をふさいで平気な住民は、騒音やその他の迷惑行為をするリスクも高いので、避けた方が無難です。

posted by ミケ at 14:57| 不動産

2019年07月03日

家賃5万円の古アパートのそばはやめた方がいいかも

こんにちは。ミケです。

前回、近所のしつこい道路族は生活保護受給者の可能性が高いことを書きました。

考えてみると、近所の古アパートは1DK(老夫婦2人住まいが多いが4人以上で住んでいる世帯もあり)で家賃5万円程度で、生活保護の家庭でも借りられる予算でした。

立地条件から、新しければ1DKでも8万円程度はするエリアなのですが、築年の古いアパートなので5万円なのでしょう。

賃貸情報誌やネットを使えば、近所のアパートの空きがあればおよその家賃はわかります。
5万円程度の部屋がメインのアパートは、生活保護の世帯が来る可能性も高く、また1DKで4人以上住む(これは生活保護だけでなく外国人家庭でもみられます)など道路をリビング替わりにされるリスクが上がりますので、これから新居を探すならばよくよく住民層をチェックすることをお勧めします。
生活保護受給者にもマナーの良い人がたくさんいるのはわかっていますが、マナーが極悪な人が多いのも確かです。

また、入居前に道路族が居なかったとしても、数年のあいだに住民が入れ替わり、道路族が入居するリスクも指摘しておきます。

部屋を借りるのか、一戸建てを買うのか、様々だとは思いますが、やはり古くてベランダや共用廊下に物が散乱しているアパートや、駐車場やエントランスにボールが転がっている物件のそばは、質の悪い道路族がいる危険性が高いのでお気をつけください。
posted by ミケ at 00:00| 不動産

2017年04月22日

こんな物件はやめた方がいいかも?家の前で道路遊び族がいる

こんにちは。ミケです。

今日は「家の前の道路でボール遊びをする子供たち」の問題を書きたいと思います。

新築でも中古でも、一戸建てを買うときに、家の前が子供たちの遊び場になってしまっている場所はやめておいたほうが安全です。

たとえ人数が1人や2人など少なくても、「友達を呼び寄せて」10人になることもあります。

また、今の遊び方がバドミントンレベルだったとしても、いつのまにかサッカーやドッジボールやバスケットボール、バットを使った野球の試合に発展してしまっていることもあります。

家を買う前から「道路遊びが黙認されている」場所であれば、悪化することがあっても良くなることはほとんどありません

「うぎゃあああああ」などの奇声や何百回と続くボールをドリブルしたり壁に投げつける音などの騒音や、窓ガラスや自動車などにボールを当てられて修理代金が10万円を超えるかもしれないリスクをかかえることになります。また、飛び出しによる交通事故のリスクが跳ね上がります。

今時の父兄は、「ボールを当てたのがばれたら逃げろ」と教えている人さえいて、昔のように親同伴で謝罪や弁償を申し出てくる人の方が少ないです。壊されたら、防犯カメラなどの証拠でも無い限り、泣き寝入りのリスクが高いです。

もしオープン外構で道路と家の敷地の境界に塀などが無ければ、勝手に入り込んでかくれんぼや鬼ごっこのコースにされるケースもあるようです。

現代は昔と違って近所づきあいは希薄です。
「道路で遊ぶと危ないし、迷惑だからやめようね」などと声をかけようものなら、逆上してくるモンスターペアレントも多数います。

「道路で遊ぶくらいいいじゃないか?」と思いますか?

  • 家族に病人が出て横になって養生しているのに、部屋の真横でボールをぶつけられ続けると、頭痛を発生します。
  • 受験勉強をしたくても、集中できないくらいの音です。
  • テレビの音声がかき消されるほどの音量です。
  • 眠ったはずの赤ちゃんも目を覚まします。
  • ひどいエリアだと、学校休みの日は朝の8時から夜の8時でも、入れ替わり立ち替わり大騒ぎです。
  • 窓や車の修理代金、踏み倒されても許せますか?
  • 死角から飛び出してきたスケボーがよけきれず事故になったとき、あきらめられますか?

袋小路の中や、広い駐車場が近くにあると、道路遊びの被害にあうリスクが高まります。この道路遊びの被害は、一度被害者にならないとどれだけひどいものなのか想像がつかないのかもしれません。

袋小路の私道付きの物件をまとめて分譲する業者がいたら、販売前に「私道協定」作成済みにしておいてほしいです。販売条件に私道協定への同意を必須にして、

  • 「道路でのボール、スケボー、ダンス、その他遊技を禁止」
  • 「道路での路上駐車や私物の放置は禁止」

など、事前に約束事として周知してくれれば多少は被害の抑制になるかもしれません。


posted by ミケ at 10:57| 不動産