2019年03月02日

ゴミステーションにたむろする老人

こんにちは。ミケです。

最近、ゴミステーションに住民以外の老人(特に女性)が座り込んでたむろするのを何度か見かけました。

見かけるのは毎回違う人物なので、特定の誰かがというよりは、迷惑なお年寄りの一傾向として注意喚起したいと思います。

マンションやアパートのゴミステーションは、道路に面しており、かつ、3方向が囲われて自動車などにひかれる恐れが少ない場所であると言えます。
そのため、犬の散歩中のおばあさん、普通に歩いていて疲れを感じたであろうおばあさんなどが、缶などを入れるプラスチックのかごや、低めのゴミボックスの上に座り込んで休憩です。
犬を連れている人の場合、小用くらいはさせていそうです。
時間にしたら20分程度かもしれませんが、はっきり言って「不審者」です。

「ちょっと座るくらいいいじゃない」とでも思っているのでしょうね。

しかし、住民以外の無関係の人物が不必要な場所に入り込んで座り込んでいるということは、不法投棄があったり、備品盗難があったりしたときに、真っ先に疑われるのは間違いないです。休憩のふりをして、人の出入りをチェックして空き巣の下見かもしれません。

見たところ同じポイントに毎日というようなことはしていないようなので記録するにとどめます。

もし、心当たりがあるかたは他者の敷地内に正当な理由なく入り込むのは不法侵入となりますので、止めるようにしてほしいものです。

posted by ミケ at 16:33| 近所迷惑

2018年06月17日

庭やベランダにゴミを置くと野良猫が来ますよ

こんにちは。ミケです。

今日は新居を探すときのチェックポイントです。

過去に「餌やりさん(猫や鳥などに餌付けだけしている人)」が近くにいる物件は避けた方が良いという記事を書きました。

餌やりさんが近所にいると、野良猫が一帯(半径100メートル程度)をテリトリーにして、庭や玄関前などに糞をされるリスクが高いからです。

最近、餌やりだけでなく、庭やベランダに生ゴミや空き缶、食品トレーなどを出しっぱなしにしていても野良猫が寄ってくることが分かりました。

家の中にゴミを置きたくない、または狭くて置き場がないなどの理由で庭や1階のベランダなどゴミ置き場にしていると、匂いなのか見た目で残飯が無いかと期待するのか、野良猫が定期的に巡回して寄るようになります(個体差あり)。

先日もあるアパートの部屋の一階ベランダで、食品トレーや空き缶のゴミを積んでいるところに、野良猫がゴミをあさったりおしっこをしたりしていました。

庭や1階の玄関先などにゴミを置きっぱなしにしている家/部屋がそばにあったら、野良猫の糞尿被害のとばっちりにあうリスクがあります。新しい住まいを探すときには、周辺の玄関・共用廊下・駐車場・ベランダなど、ゴミが置かれていないかチェックすることをお勧めします。

餌やりさんも、ゴミを見えるところに置きっぱなしにする人も、偏屈だったり常識に欠ける人であるリスクが高いので、回避するにこしたことはありません。

posted by ミケ at 14:42| 近所迷惑

2018年02月16日

建築業者による禁止場所での路上駐車

こんにちは。ミケです。

今日は通行や安全に支障をきたす路上駐車についてです。

近隣で建築工事が始まると、荷物の積み下ろし以外の路上駐車があちこちで見られるようになります。まれに6メートル以上の道路で各種駐車禁止事項に当てはまらないポイントがわずかにあることもありますが、我が家周辺はもれなく駐車禁止場所です

・交差点(T字路含む)から5メートル以内
・消火栓から5メートル以内
・駐車場出入口から3メートル以内
・無余地(駐車した車の右に3.5メートル以上のゆとりがない)


密集した住宅街で、10メートルおきに袋小路の私道と道路に面した駐車場があちこちにあるわけですから、どこに停めても迷惑がかかるわけです。免許を持っている人なら確実に駐車禁止場所なのは明らかです。

しかし、建築現場の人々は、違反と知っていて道路を駐車場代わりにするのを標準と思っている人が多いです。短期間の工事ではなく、数か月にわたる工事ならば、近隣の駐車場を契約するなり、1日上限1000円弱のコインパーキングにとめるなり、通勤車両については対策をとるべきです。


ちなみに、何とか通行できている状態の時は「多少はお互い様か」と相当の回数目をつぶりました。しかし、徐々に遠慮が無くなり、タバコのポイ捨てや交差点が曲がれなくなるくらいぎっちり路駐を繰り返されると、やはり対処が必要となります。

何か所か対応して感じたのは、大手建設会社がバックにいる場合、建設会社にクレームを入れると収束することが多いですが、中小建設会社だと、建設会社にクレームを入れても何日かすると再開することもあり、企業レベルで差があったことです。

ひどいケースでは暴言を吐いてくる現場作業員もおり、この人たちは道路族の親戚なのではないかと、または道路族が大人になっても改善しないと路駐族になるのではないかと、呆れました。

よく「会社に苦情をいれれば対応してくれるよ」という質問箱のアドバイスもありますが、ケースバイケースです。

無許可で「通せんぼ」している場合は道路使用許可違反になり、単なる路上駐車よりも刑罰が重くなりますので、迷惑データを記録の上、警察署へ相談するほうが安全かもしれません。我慢していても、「何も言ってこないから大丈夫だろ」と徐々に図々しくなります。生活に支障がでているようならば、警察署の交通相談や生活相談などに写真や日時などを記録して「相談」しておくと、いざという時に早く動いてもらえるかもしれないですよ。
posted by ミケ at 15:21| 近所迷惑