2019年07月12日

不審者・不良少年に対する管理会社の対応に期待

ミケです。

街中を歩いていると、アパートやマンションの管理会社によって、部外者の敷地内たむろへの対応に差があるなと感じます。

抜群の安定感(廊下での座り込みや喫煙などが一切ない)を見せるアパートは、
「部外者の立ち入り禁止。
見かけたらすぐに警察に通報します」

という掲示が入り口に大きく出ています。
これを見たら、「やばい」と警戒してたむろする場所には選ばないでしょう。

逆に、明らかに未成年のグループがたむろしているアパートは、道路遊び(路上サッカー)など幼少期からの迷惑行為も「子供はのびのびと」などと言いながら放置していたところが多いです。
苦情が出ても、「叱らない子育て」なのか「育児放棄」なのか保護者は、子供が騒ぐままにしていました。
管理会社も軽い注意程度で、うすうす道路遊びが続いていることには気づいていても真剣には対処していなかったようです。

幼少期に「近所迷惑な行為はしない」という教育を受けなかった子供が、中高生になって不良行為(喫煙、座り込んで騒ぐたむろ、お弁当のゴミを道路に捨てる)などをするようになっています。

きちんと幼少期に善悪を教えられてこなかったので、「自分が迷惑行為(道路交通法違反、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反)」をしていることを理解していない場合もあります。
違反レベルによっては、補導は十分にあり得る内容です。

これから夏休みを迎えると、「不良デビュー」してしまう青少年も多いみたいです。

中高生が矯正できる最後のチャンスだと思います。
ここで気づけなかったら、大人になって本格的に犯罪者への道を進んでしまうかもしれません。

明らかに外から見える場所での未成年の喫煙や、環境基準を超えるような大騒ぎを見かけたら、愛を持って各所に通報していきたいと思っています。
一度補導されて、軽くお説教してもらうのもいい勉強かもしれません。
直接注意は身の危険を伴うので、もうおしまいです。

できれば、管理会社のほうで先に警告を出してもらえることを期待します。

posted by ミケ at 09:44| 近所迷惑

2019年07月10日

布団たたきはほどほどに

こんにちは。ミケです。

今の時代、敷布団を干した後に叩きすぎるのはNGだというのは広く知られつつありますが、団塊以上の世代は布団叩くの好きですよね。
40代以下で激しく布団叩く家庭は、ほとんど見かけません。

布団を叩きすぎると、布団の繊維が傷んでふんわりしなくなる、ダニの死骸などが出てきてかえってアレルギーを出しやすくなるなどと言われています。

ご近所でも布団叩きが大好きな老世帯がいくつかあって、布団を取り入れる前に100回近く叩いています。
これが結構やかましい。

1枚当たり10回ぐらいなら「布団干したのか。今日も天気よかったな」ぐらいにしか思いませんが、100回も叩かれると電話やテレビもかき消されイラっとします。

道路族ではないけれど、布団叩きでストレス解消でもしている?
お年寄りは耳が遠い人も多いので、騒音になっていることに気付かない?

以前、本当に認知症になってしまったおじいさんが30分近く布団を叩き続けていたことがありました。
これがきっかけで、このおじいさんの認知症はご近所に知れ渡りました。
布団を必要以上に叩くお年寄りは、認知力や判断力が下がっているのかもしれないですね。


長時間の布団たたきはそれなりに騒音になってますので、布団叩きの回数はほどほどに。
posted by ミケ at 00:00| 近所迷惑

2019年07月07日

無遠慮に個人情報を聞こうとする老人

こんにちは。ミケです。

近頃ご近所で、やたらと話しかけてきて個人情報をしつこく聞いてくるお年寄りがちょっとした問題になっています。

後期高齢者のお年寄り、日々の無碍を慰めたいのか、通りすがりの女性(特に小さな子供を連れている人)に声をかけまくっているようです。

「暑いですね」くらいの5秒で終わる天気の話ならまだしも、いきなり「名前は?」「年齢は?」「どこの幼稚園に通っているの?」「どこに住んでいるの?」など個人情報を無遠慮にたずねてくるとか。

正直言って、気味悪いですね。

見知らぬお年寄り(通りすがりで顔は見たことがあっても住所や名前も知らない)に、どうして個人情報を一方的に聞かれなければならないのか?

だいたい、子供を連れているときには声をかけて欲しくないというひとは多いです。
子供が飛び出したりしないか、細心の注意を払っている時に、お年寄りとおしゃべりしている暇などありません。
お年寄りは子供と関われて「楽しい」のかもしれないですが、子供といる時に強い言葉も言いづらく困るようです。

また、話題も最初は「お子さんかわいいねー」など子供のことかと思いきや、最後はお年寄りの若い頃の話やよその悪口や愚痴話を無理やり聞かされる展開になることもままあるとか。
また、変に好意を持たれて住まいや幼稚園の付近を散歩コースにして、待ち伏せまがいのことをすることもあるようです。
貴重な親子の時間に割り込まれ、時間泥棒にもなりますね。

普段話し相手がいなくてさみしいなら、家族に電話してみるとか、公園や老人福祉センターなどで同世代と交流するとか、カルチャーセンターなどで同じ趣味のメンバーと交流を深めるなど工夫してほしいものです。
週に1回でもボランティアやシルバー人材センターなどで軽いお仕事をしたりすると、生活に張りが出て社会の役にも立っておすすめです。

今の時代、通りすがりで知り合った人はストーカーや通り魔だったという事件も時々ニュースに流れます。
自分が所属するコミュニティ以外の人とは、深く関わらないようにするのが自衛手段でもあります。

もし心当たりがあったら、通りすがりの親子に不相応な距離感で話しかけていないか、わが身をふりかえってみてください。
失礼な「老害」または、ストーカー予備軍として警戒されている可能性もあります。
posted by ミケ at 23:09| 近所迷惑